鹿児島のだんご ③そまんねいぼ(ソマゲ)
地元でも若い人はあまり知らないかもしれない。

とゆーか、私も実は本を見るまで知りませんでした。

”ねったぼ”という、おいもともち米で作る芋のモチ
それは私の大好物なのですが

『そまんねいぼ』は、ねったぼの中に、更にそば粉を足したもののようです。


でも、ほんとに地元で食べられてたものなのかな?
知らないものだから半信半疑




<そまんねいぼの作り方>

(材料)
・からいも
・そば粉
・もち米 少々

(作り方)
芋の皮を取り去り割りこだくる(切る)。
もち米少々と芋を柔らかめに釜でゆでる。
煮えたものが熱いうちにすりこぎなどでつぶし、
そば粉を振り込みながら程よい硬さにつきまぜる。
塩少々を加え餅ぐらいのだんごにする。

○そのまま黄な粉や黒砂糖などでたべたり冷えたら網焼きにして、しょうゆをつけてもよい。
農作業の間食(とじゅはん)、子どもたちのおやつ、茶うけなどに作られた。

(参考:南日本暮らしの宝シリーズ NO.39)


いつもながらアバウトなレシピであります。

ま、それはいいとして、母親にそまんねいぼを知っているか聞いてみました。

母親
「しってるよ、そまんねいぼ、お芋とそばのやつ。
黄な粉とか黒砂糖とかつけて食べよったよ」

おおおお、見事に本に書いてある通りw

へえ~面白スw

早速作ってみましたよ☆
d0169410_901670.jpg



私はサツマイモ正味200~220g、もち米1/2カップ、そば粉50g作りました。

左が黒砂糖で、右が黄な粉

私的には黄な粉のほうが好きでした。

味とか食感はねったぼに似ているけど、ほわんとそばの香りがしておいしい。

ついつい食べてしまいます。


*そまんねいぼのレシピの最後に

『困った時の田舎言葉』というものが載っていました。


「やっけなそまげ、あぶれば灰がつっ」


・・・どういう意味なの?ぜんぜんわかりませんが、

そんな言葉が残っているほどに、当時は慣れ親しんだおやつだったのでしょうね。

こんな昔ながらの鹿児島のおやつを、これからも紹介していけたらと思います。




追記:
「やっけなそまげ、あぶれば灰がつっ」

※表面がべたべたしている”そまんねいぼ”を火であぶると、せっかくおいしく出来ていたのに灰がついてしまう、という意味だそうです。

しょっちゅう火山灰が降ってくる鹿児島ならではの言葉なんでしょうね。

寝た子を起こすとか、やぶへび的な意味で使うのかな?
[PR]
by okazunogohan | 2010-06-07 09:14 | ・鹿児島のだんご
<< 卵なしオムライス用の卵づくり ブログのタイトルをかえようかな >>


88の秘密の魔法
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

-----------------------------
↓初めての方はさらっとどうぞ。
♦about

※料理を公開していたブログでしたがひっそりお話サイトに改装します。

各MENU
♦おはなしMENU
♦おりょうりMENU
-----------------------------

2010年3月open

おコメさん=愛猫

mailはコチラ
------------------------------------
*リンク集*
♦コトコト日和
♦Caramel Muffin
♦A piece of piece
♦ままりんのマクロビューティーでいこう!!
♦なちゅらる♪ ベジライフ♪♪
♦がまりんの部屋
♦綿・麻50%
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧