カテゴリ:・ローラインガルスワイルダー( 3 )
ローラインガルスワイルダー/●ジョニイケーキ
大草原の小さな家/福音館書店(P237~)
_______________________________________

料理用ストーブには、キャベツと肉の煮こみが、大鍋でぐつぐつ煮たっています。天火(オーブン)には、大きな平鍋にはいった豆と、ジョニイケーキが焼きあがるところでした。

ローラ・インガルス・ワイルダー 作
恩地三保子 訳

_______________________________________


d0169410_921880.jpg


ローラの母さんはほんとにひきわりトウモロコシでいろんなものをつくってます。

小麦で作るパンと比べて、質素なパンではあったようですが、その頃トウモロコシのパンが主食なのは普通だったみたいです。


日本でいったら麦とか稗とかみたいなものだったのかな?

なんだか名前からしておいしそうなのだけど、これは普段のひきわりトウモロコシパンと比べてちょっと豪華なパンだったみたい。



このジョニイケーキは、とうさんの小麦を脱穀しにやってきたお客さん用に、かあさんが腕によりをかけて作ったごちそうだったのでした。



コーヒーと一緒に朝ぺこ氏に出してみたら、

「これなあに」といいながらも食べています。


おいしいかい?ときくと、

うんいいんじゃない、と言っていましたので、わたしもあとでたべてみることにして。



お昼にメープルシロップをかけて食べたら、うまい、うまいじゃないかー★


トウモロコシパンのなかで一番おいしかったです(まだ三つしか作ってないけど)


外側の部分はカリカリしていてこうばしくって、

中の部分はふんわりしっとりしています。


へええ、おもしろいw


このカリカリ感は、小麦粉とか米粉ではなかったものっぽいですよ。

このパンはトウモロコシパンの中では、割と万人うけしそうな味だと思うのですが、

いかがなものなのでしょう。






(P237~)
_______________________________________

ローラは、ひきわりトウモロコシでつくったパンを、どうしてジョニイケーキというのか、いつもふしぎに思っていました。それはケーキではないのです。

ローラ・インガルス・ワイルダー 作
恩地三保子 訳

_______________________________________


d0169410_853233.jpg




「ジャーニーケーキ」というのがホントだ、という人もいると、かあさんは言っていましたが、そのあとすぐにそれを否定していました。

なぜなら、ジャーニーというのは旅の事なので、持ち歩くには都合のよくないパンだから、ということでした。

たしかに。。。


すごく柔らかいし、割と水分を含んだパンなので、傷みやすいパンだろうなあ、と作ってみて思いました。









ジョニイケーキ


☆材料>二人分(いつもの通り、妄想分量)
______________________________

・コーンミール 半カップ
・塩 ほんの少し
・重曹 小さじ1/4
・白胡麻油 小さじ2
・メープルシロップ 小さじ1

・熱湯 1/4カップ

・豆乳 1/4カップ

・焼く油適量(ここではオリーブオイル使用)
______________________________


☆作り方
1.コーンミール、塩、重曹、をボウルで混ぜ合わせる。

2.メープルシロップと油を入れて混ぜ合わせ、熱湯を入れてまぜる。

3.糊状になったら、豆乳も加え、油を引いたフライパンに流し、ふたをしてじっくり焼く。
※弱火で焼いて、焦げ目がついたらひっくり返して同様に焼く。

★ 一言
真ん中は火が通りにくいようなのでじっくり焼く。はじっこのカリカリがとってもおいしいw
***




ほんとうは油はラードで、メープルシロップは糖みつだったみたい。

豆乳はバターを作った後で残るバターミルク(牛乳みたいなやつ)か、サワーミルクでつくったようです。

だから、味は少し違うのかもしれない。

でも、近いものなのではないのでしょうか。


更に本当は天板で流して焼きあげるもののようですが、めんどくさかったので(オイw)

ふらいぱんで焼きました、私。

どうもすみません。
[PR]
by okazunogohan | 2010-06-06 09:40 | ・ローラインガルスワイルダー
ローラインガルスワイルダー /●ひきわりトウモロコシのパン
大草原の小さな家/福音館書店(P43~)
_______________________________________

~とうさんはまたクリークにおりていって、水をくんできました。その間に、メアリィとローラは、かあさんの夕ごはんのしたくを手つだいます。かあさんが、コーヒー挽きのなかにコーヒー豆をはかっていれ、メアリィがそれを挽きます。ローラはコーヒーポットに、とうさんの運んできた水をいれ、かあさんがそのポットを石炭の上にのせます。

それがあたたまる間に、かあさんはひきわりトウモロコシに塩と水を入れてこね、小さくまるめます。ラードをとったあとのブタの脂かすで、あたたまった天火(オーブン)に油をひくと、その上にひきわりトウモロコシをまるめたのを並べ、鉄のふたをしました。


ローラ・インガルス・ワイルダー 作
恩地三保子 訳

_______________________________________



d0169410_2102480.jpg


オムレツじゃないよ、ひきわりトウモロコシパンだよ。

この”ひきわりトウモロコシパン”はローラインガルスワイルダーの話にしょっちゅう出てくるのですが、とても憧れたものでした。

それはそれはおいしそうに書かれているし、

子どもの頃なので、材料も手に入れられなかったし、で、憧れは募るばかり。

でもいざ、大人になってみると、憧れてた気持ちをすっかり忘れてて、
作ったことがなかったのです、いままで。

思い立ったのでさっそくコーンミールをつかって、このパンをせっせとつくってみました。

ひきわりトウモロコシのパンは、その時々で形をかえます。


上の文章では、コーンミールに塩と水を足して、小さく丸めたものを油で焼くとなってます。

このオムレツの様な形のトウモロコシパンは、下の文章で出てきたものを再現してみたつもり。


(P174~)
_______________________________________

~かあさんは、ひきわりトウモロコシに水をまぜて、半月形のうすいかたまりをふたつつくり、そのまっすぐながわをならべて天火(オーブン)の鉄板にのせ、それぞれの半月形に手のひらをぎゅっと押しつけました。とうさんは、かあさんの手形さえついていれば、ほかになんの味つけもいりはしないと、いつもいっています。


ローラ・インガルス・ワイルダー 作
恩地三保子 訳

_______________________________________


とても柔らかい生地なので、動かすと崩れてしまいます。

なので、冷たいフライパンの上で二つのオムレツ型をつくり、手形もぎゅっとおしてみました。

その上から油をタラタラ流してフライパンに油をなじませ、弱火で蓋をして焼きました。

ちょっとだけ指の形がついてるんだけど、写真では分かりにくいですね。




かあさんはだいたいラードを使って焼いているのだけど、
このパンはオリーブオイルで焼きました。


焼いてる間のにおいは、「すごくいい匂い」ではなかったです。

コーンミールの匂いがしてました。



とりあえず焼きあがったので、マスタークレンズのときののこりの、ダークのメープルシロップをつけて食べてみました。
(ローラ達は糖みつをつけて食べてました)


ん・・・、




・・・うまい


うまくない?これ・・・


いや、確かに


確かに好みの分かれそうな味ではあります。

食感は、表面が”がりっ”と硬く、中は少しもちっとしていて、でもほとんどが”もろっ”としている。

味は、塩しか入れてないのでコーンミールの味です。

というか、あれです、トルティーヤの味です、でも考えてみれば材料は同じか。

でもその素朴な味にね、メープルがうまい。

メープルがうまいからうまいと言うことか?

下の材料は、私の妄想による分量なので、本物はどうなのかわからないのですけど、メモ的意味でアップします。






ひきわりトウモロコシパン


☆材料>作りやすい分量
______________________________

・コーンミール 半カップ
・塩 ほんの少し
・熱湯 適量
・焼く油適量(ここではオリーブオイル使用)
______________________________


☆作り方
1.コーンミールと塩をボウルで混ぜ合わせる。

2.フォークなどで混ぜながら、ぐらぐら沸いた熱湯を、ほんの少しずつ加え、
  まとまるようになったら、少し冷まして、生地をふたつに分ける。(やけど注意)
※お湯を入れすぎるとまとまらないのでほんの少しずつ。熱々の熱湯で。

3.冷たいフライパンの上で半月形に形作り、油を上から流して、フライパン全体に
  油を馴染ませる。ふたをして、ごく弱火で焼き、焼き色がついたらひっくり返し、
  中までよく火を通す。

★ 一言
おいしいメープルシロップをかけてたべるとおいしいとおもわれます。
***




まーとにかく、わたしけっこう嫌いじゃない、このパン。

なので『トウモロコシの固焼きパン』というのも作ってみました。

d0169410_2114189.jpg



こちらはひきわりトウモロコシパンよりもちょっとだけリッチ。

材料にラードと牛乳が加わります。

私は豆乳と白胡麻油で代用して作ってみました。




トウモロコシの固焼きパン


☆材料>作りやすい分量
______________________________

・コーンミール 半カップ
・塩 ほんの少し
・白胡麻油 小さじ2
・熱湯 1/8カップ

・豆乳 25cc
・焼く油適量(ここでは白胡麻油使用)
______________________________


☆作り方
1.コーンミールと塩、油をボウルで混ぜ合わせる。

2.熱湯を加えて混ぜ、少し冷ます。ぽそぽそした状態のものに、豆乳を加えて混ぜる。

3.多めの油を引いたフライパンに、スプーンで生地を落としていき、揚げ焼きにする。

★ 一言
冷めると硬くなるので、冷めたものを油で揚げて食べたりもしたそうです。
***


こちらもメープルシロップをつけて食べたのですが、私的には超おいしかったです。

生地に豆乳と油が加わるだけで、こんなに違うか、と思いました。

表面はカリサクッとしていて、中はモロッに近いホロッとしたかんじ。

こくがあって、こうばしい。

でも

好みは分かれそうであります。


[PR]
by okazunogohan | 2010-06-03 04:00 | ・ローラインガルスワイルダー
ローラインガルスワイルダー / ●ソーダクラッカー
シルバー湖のほとりで/講談社文庫(P183~)
_______________________________________


はじめにあけた樽には、小麦粉が、ほとんど縁までいっぱいにはいっていた。二番目の
には、ひきわりとうもろこし。三番目のは、きっちりふたがしてあって、豚の白い脂身を茶
色い塩水につけこんだものが、いっぱいはいっていた。一度にこんなにたくさんの塩漬け
の豚肉を見るのは、ローラは初めてだった。
四角いソーダクラッカーのどっさりはいった木箱に、大箱いっぱいの塩漬けの魚。干しり
んごの入った大きな箱もあれば、じゃがいもをつめこんだふくろも2つ。もう一つの大きな
ふくろには、豆がほとんど口まではいっていた。



ローラ・インガルス・ワイルダー 作
こだまともこ・渡辺南都子 訳

_______________________________________




d0169410_1122119.jpg


家に余っている粉、餅玄米粉を使う事がないもので、
玄米粉を使ってソーダークラッカーを作りました。

ホワイトソルガムも買ってから一度使ったきりで放置していたので、今回使ってみたのでした。




餅玄米粉のソーダクラッカー

☆材料>作りやすい分量
______________________________

・餅玄米粉 60g
・ホワイトソルガム粉 40g
・葛粉 40g(粒状のものはすり鉢で潰して粉末にする)
・重曹 小さじ1/2
・てんさい糖 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1/2


・白胡麻油 大さじ3
・豆乳 大さじ4
______________________________


☆作り方
1.粉類はすべて一緒にして、よく混ぜ合わせる。

2.白胡麻油を入れ、油が馴染んだら豆乳を加えてよくこねる。

3.生地を二等分して、クッキングシートの上にのせ、上にラップをかけてめん棒で伸ばす。
  厚さは二ミリ程度。好きな大きさに包丁で切りこみを入れ、フォークで全体に穴をあけ、
  熱しておいた180度のオーブンで20~25分焼く。

★一言
私的には甘さ控えめではありますが、
更に甘さを控えたい場合は、てんさい糖を大さじ1にしても良いです。
***













ローラ・インガルス・ワイルダー作品は、一通りは読んだのですが、
どれも食べものの描写がとってもこまかくて、おいしそうに書かれているので、憧れたものです。

白い粉やお砂糖などは高級品だったようで、今と逆だなあ~なんて不思議に思って読んでいました。

お話の中には、聞いたことも無い食べ物やお菓子がたくさん出てきましたけれど、

レシピは載っていないので、憧れは募るばかりでした。

味の説明や、見た目の描写などから想像をふくらまして、いろんなものをつくったものです。

たくさん失敗して、あまりおいしくないものが出来あがったりもしましたが、

もしかしたら、それは失敗でもなかったのかもしれないなあ、と今では思っています。

ローラの家族は、いつだって食べものがなくなってしまうかもしれない状況にあっただろうし、

ほとんど毎日同じものばかり食べていました。

ひきわりとうもろこしのパンは、コーンミールに塩と水を入れて焼いただけのものだったし、

そのパンにつけるものは、糖みつだけでした。

本を読んでいただけのころは憧れていたけれど、毎日毎日そればかり食べていたら、

きっとあきあきしただろうな。

でもローラはそのパンを『とびきりおいしい』と言っていて、

「こんなパンもう食べたくないー」なんて事一度も言わなかったのです。

シリーズ6の『長い冬』という話でいちどパンに飽き飽きした様子をみせたけれど、

それはたしか、食料も買いに行けない極寒の地で、家にある食べ物だけをつないで生きていた長い冬、

ふすまの付いた小麦を手動のコーヒーミルで挽いて焼いていたパンのころだったと思うのですが、
(違ったかな?違ったらすいません、この話は中学生のころ読んだきりなので、もう忘れてる)


多分、パンを焼くたびにコーヒーミルを家族でかわりばんこに挽いて、ほんの少ししかできない挽き割り小麦とか

空腹とか?すべてに嫌気がさしたのじゃないかしら

でも、もうふすまの付いたつぶのままの小麦しか家にはないので、パンは焼けないと思っていたローラにとって、

コーヒーミルでの小麦ひきは(さいしょは)とても楽しかったようでした。


焼きあがったパンについても、

『とりたての木の実みたいな味がするので、バターなんかいらないくらいだった』

と書いています。


インクつぼのインクも凍るほどの寒い部屋、

なにもたべるものがない中、家族五人で分け合って食べた全粒粉のパンは、大御馳走だったんでしょうね。

食べものがいつだって手に入るのはありがたいことだなあ、としみじみ思うのです。


たっぷりの食べもの、

そして”四角いソーダクラッカーのどっさりはいった木箱”は

ローラが大声をあげて叫びながら走りだすほどに嬉しいものだったようです。





【シルバー湖のほとりで】を読むと、いつもソーダクラッカーに憧れを抱きます。

本を読みながら、それを食べると、より一層おいしいと感じてしまいます。

ローラの食べたソーダクラッカーとは違うだろうけど、
家にある材料で作ってみたのでした。
[PR]
by okazunogohan | 2010-06-02 01:12 | ・ローラインガルスワイルダー


88の秘密の魔法
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

-----------------------------
↓初めての方はさらっとどうぞ。
♦about

※料理を公開していたブログでしたがひっそりお話サイトに改装します。

各MENU
♦おはなしMENU
♦おりょうりMENU
-----------------------------

2010年3月open

おコメさん=愛猫

mailはコチラ
------------------------------------
*リンク集*
♦コトコト日和
♦Caramel Muffin
♦A piece of piece
♦ままりんのマクロビューティーでいこう!!
♦なちゅらる♪ ベジライフ♪♪
♦がまりんの部屋
♦綿・麻50%
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧