尊敬している人の事①
尊敬している人は割と多いです。

ジャンル関係なく、尊敬している人が居ます。

尊敬する人トップ3は、

・荒俣宏
・吉村作治
・服部幸應

です。

理由があります。

吉村先生はエジプトの事が好きで好きで
極めすぎているところです。
好きだからといって、極められるものではないと思うのですが
だからこそすごいと思います。

服部先生は料理の事が好きで好きで、
なおかつ、愛してらっしゃるところが好きです。
例えばどんなにおいしくなさそうな料理であっても、
それを見た目だけで判断して食べない、なんてことはしないのです。
食べた上で、その料理のどこがいけなかったかを、具体的に紐解いて教えてくださるのです。
すごい事です。


荒俣さんはもう、わけがわかりません。
何に関しても詳しすぎです。
知らないことは何も無いんじゃないのかと思うほどの博学っぷり。
しかも何に関しても楽しそうに・・・
決して偉そうにではなく、楽しそうに話されるところが好きです。

すごい人と言うのは、決して偉ぶったりしないように見えるのは何故でしょうか。
すごいですよねーあこがれちゃいます。

まぁ他にもたくさん尊敬してる方がいるのですけど、
この三人は常に心のどこかしらにあるので挙げてみたのでした。






でも身近で尊敬している人はと言うと、やっぱり両親です。

まずは母親、

母親は働いてるのですが、働きながら自分のやりたい事をやっているのです。
母は作家です。
でも外に出て働き、そして創作活動もやっている。

それだけではありません。

母親は、超がつくほどのきれい好きなのです。

朝五時におきて玄関の掃除をします。
外のタイルを水で洗い、中のタイルを水ぶきします。

それが終わると、30分ほど文章を書き、皆の朝食を作るのです。


仕事に出かけ、帰ってくると、夕食を作ります。
食べ終わると、部屋の掃除、掃除機を全部屋にかけるのです。
これが毎日です。
その後、パソコンに向かう、と言う生活。
それなのに、毎週土曜の夜は、大掃除をする、と言うのが決まりです。
決して家族に手伝わすわけではありません。
全て一人でこれをやります。文句一つ言わず。

自分が働くようになった今、母は本当にすごいなあと、心から思います。

そして母はいま、創作活動がノリにノッています。

すごくて羨ましい限りです。

がんばれがんばれw

尊敬している母親の話でした。


次は父親。

こちらはあれです。

かなりの家族ひいきです。

なので具体的なところを挙げることはできないのですが、
私はとにかく父親を尊敬しています。

色んな部分を尊敬しています。

そう言う意味で、一番尊敬している人は父親です。

なので、上に挙げた偉人(笑)

ものすごい三人の先生方より、私は父を一番尊敬しています。

例を挙げるとすれば、そうですね・・・

父は柔道の先生をやってて、とても強く、男らしい人でした。

私がまだ、小学校にも上がっていなかった頃

田舎道を軽トラで、とことこ、父と二人で走っていたある日


前からで危険な車が猛スピードでこちらへむかってきました。

今思えば初心者の女性だったわけですが、

その車は父のトラックに衝突、その衝撃たるや、ものすごかった事、今でも忘れられません。


シートベルトは父も私もしていましたが、

子供だった私に大人向けのシートベルトは、安全かといわれると、どうも曖昧なかんじで、(←?)

まぁ言えば、あってないような物、だったわけです。

だって何か伸びちゃうんですもん。びよーんって。


それを父も分っていたのでしょうね。

衝撃を感じた瞬間、私の目の前には父の腕が差し出され、

前に飛び出そうとする私の体を支えたのです。

あれは忘れられません。

私を守ろうとした父の腕。


ただでさえ、柔道で鍛えられた父の体は大きくて、

軽トラックの中は、とても狭く感じられたものですが

その狭い軽トラックの顔は潰され、父の体を挟んだのです。

おかげでブレーキは父の両足に刺さり、クッションはその血で染まっていました。


子供だった私は、頭が全然回っていませんでしたが、

ぶつけた若い女性に向かって、父が言った一言

それには思わず突っ込みを入れましたけどね、心の中で。

女性が謝りながら、だいじょうぶですかーっと叫んでこちらにやってきたとき、

父はこう言いました。



「大丈夫ですよ、そちらは怪我ありませんか?」


いやいやいやいや!大丈夫やないやろ!
私は思ったものです。

そう、父はなんとフェミニストなのでした。


とはいえ、そんな状況で相手をいたわる心を持つ父。
あれはすごいと、心からおもいました。


こういうことがですね、ものすごくたくさんあったわけで。

なので父を一番尊敬するのは、私にとっては当然のことなのであります、うんうん。

父のことばっか語ってすみません。


もうひとつ。

父は、公務員という職業についているのですが、職場へは車で通勤しています。

その車と言うのが、軽トラなわけですが、決してかっこいい車とは言えません。

でも私はその軽トラがとても好きです。

何故ならこういう理由です。

軽トラにばかり乗る父、

私は一度、もっといい車に乗ったらどうかと、父に言った事があります。

その頃思春期というやつだったので、カッコを気にしたのでしょうね。

父は言いました。



「税金を貰ってる私達の仕事は、いい車になんか乗ったら行かんのよ」




それを聞いて、あぁ本当に、


父はすごい人だなあ、と心から思ったのでした。
[PR]
# by okazunogohan | 2009-11-02 00:26


88の秘密の魔法
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

-----------------------------
↓初めての方はさらっとどうぞ。
♦about

※料理を公開していたブログでしたがひっそりお話サイトに改装します。

各MENU
♦おはなしMENU
♦おりょうりMENU
-----------------------------

2010年3月open

おコメさん=愛猫

mailはコチラ
------------------------------------
*リンク集*
♦コトコト日和
♦Caramel Muffin
♦A piece of piece
♦ままりんのマクロビューティーでいこう!!
♦なちゅらる♪ ベジライフ♪♪
♦がまりんの部屋
♦綿・麻50%
以前の記事
検索
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧